有機EL – ウェアラブル端末関連銘柄

有機ELとは発光する有機化合物のことを指すが、この技術を透明なプラスチック板などに用いることでフレキシブル(曲げられる)ディスプレイが可能となる。ウェアラブル端末は体に装着するデバイスなので、ガラスなどの壊れやすい基板よりも体の動きにフレキシブルに使用できる有機ELディスプレイをウェアラブル端末に導入する向きもある。

 

この有機ELの分野で先行するのはパイオニア(6773)、住友化学(4005)、双葉電子工業(6986)である。
パイオニアと三菱ケミカルホールディングス(4188)は共同で有機EL事業を展開してきており、発光層塗布型有機EL照明モジュールの量産を行っている。
また、住友化学も有機EL証明向けの発光材料の開発製造を行っている。

 

双葉電子工業は、同社の持つ薄膜加工技術やIC開発技術にTDKマイクロディバイスの有機ELディスプレイ技術を加えて同事業を強化し、フィルム型の有機ELを量産している。

 

有機EL – ウェアラブル端末関連銘柄一覧はこちら