最新フィットネス関連銘柄

健康ブームが進展する中、注目されているのが「フィットネス」関係です。自分自身の健康管理のためにもジムに通う方も増加し、企業もメタボ対策などと兼ね合わせてジムに通う方に対して補助金を出すなど、ジムの需要が増してきております。

最近、一番注目されているフィットネステーマがあります。それは「燃焼系ウェアラブルジム」です。

名前だけを見てしまうとハード系な印象を受けるでしょう。これは腕やメガネにウェアラブル端末をつけ、自身の心拍数を図りながら大人数でハードなトレーニングを行うことで、楽しくプログラムをこなせるといったものとなっております。

近年アメリカ発のジム「オレンジセオリー・フィットネス」が注目されているわけですが、もちろん日本でもチェックすべき銘柄があります。まずは日本全体でジムを展開している「コナミHD9766)」「ルネサンス(2378)」「セントラルスポーツ(4801)」には注目です。

RIZAPグループ(2928)」が運営するプライベートジム「RIZAP」では、「グンゼ(3002)」提供の着るだけでトレーニング中の筋肉へかかる負荷の状態を専用のアプリケーションからリアルタイムで確認することができる「筋電WEAR」をトレーナー向けに導入を開始しています。今後、利用客へ実用化される予定で両銘柄に注目が集まりそうです。

「東急不動産ホールディングス(3289)」の運営する東急スポーツオアシスでは、プール内でApple Watchを含むウェアラブルデバイスの使用を解禁し、Apple Watchと連携し、トレーニング記録を確認できるオリジナルアプリ「OASIS LINK」を提供しています。

それ以外にウェアラブル端末を開発しているメガネ専門店「ジンズ(3046)」がメガネ型のウェアラブル端末を開発しています。