スマホ決済関連銘柄

201610月、ついに日本で「アップル(AAPL:US)」が運営するスマホ決済システム「Apple Pay」が利用開始になりました。

iPhone7以上に限るものの、スマホにクレジットカードを登録することで、スマホをかざすだけで電子マネーと同じように利用することができるというものです。

 

近年のスマホ需要は年々増加し、現在では従来のフィーチャーフォンを出し抜き全携帯の約6割を占めるようになりました。それに伴い「スマホ決済」が急速に伸びるのは時間の問題と言えるでしょう。

 

そんな「スマホ決済」関連銘柄として挙げるとすると、GMOPG(3769)「フライトHD3753)」2銘柄が筆頭になるでしょう。

大手インターネットサービス企業であるGMOインターネット(9449)」の子会社に当たるGMOPGは、他社に先駆けて「インターネット決済システム」を早くから提供しており、大手ECのみならず官公庁からの需要も旺盛であり、スマホ向けにも早々に対応済みです。

またフライトHDiPadとカード読み取り機があるだけでカード決済ができる「ペイメントマイスター」を提供しているなど、業界では一際目立っている企業です。

 

また多くの利用者を抱えるメッセージアプリのLINE(3938)もスマホ決済サービス「LINE Pay」を提供中です。

 

それに加え、2018年度には、病院での医療費がスマホ決済できる仕組みが動き出します。25年度には全国750カ所の医療機関が導入する予定です。中心となるGMOPG(3769)USEN(4842)子会社のアルメックス、「コンコルディア・フィナンシャルグループ(7186)傘下の横浜銀行の3社に今後注目が集まるでしょう。

 

その他「ビリングシステム(3623)」ASJ(2351)といった新興企業もスマホ決済へのビジネス商機を狙っています。