【3446】ジェイテックコーポレーション新規上場の株価とPTS株価&ADR株価

2018228 日に東証マザーズ市場へ上場する「ジェイテックコーポレーション」について概要と期待度を見ていきたいと思います。

ジェイテックコーポレーションの上場日は!?

企業名

ジェイテックコーポレーション

上場
市場

東証マザーズ市場

銘柄
コード

3446

事業
内容

大型放射光施設で使われるX線ナノ集光ミラーの開発・製造・販売、各種自動細胞培養装置などの開発・販売

所在地

大阪府茨木市

設立

1993

従業員

30

会社HP

https://www.j-tec.co.jp/

監査
法人

トーマツ

上場日

2018228日(水)

主幹事

SMBC日興證券

BB
期間

2018213日(火)~2018219日(月)

価格
決定日

2018220日(火)

購入申込期間

2018221日(水)~2018226日(月)

同社は、X線顕微鏡に使われる「X線ミラー」の開発・販売や創薬スクリーニングにおける「細胞培養」を行う装置の製造・販売を行っています。

ノーベル賞を受賞したiPS細胞の研究に欠かせない培養装置や、産学共同の研究開発を行っているなど、日本の将来性を占う高い事業レベルを有しています。

どんなことをしている会社なの?

同社は「オプティカル事業」と「ライフサイエンス・機器開発事業」の2事業を主に手掛けています。

まず「オプティカル事業」は放射光であるX線を用いて様々な産業に生かすための「X線顕微鏡」や兵庫県にある大型放射光施設「SPring-8(スプリングエイト)」で活用するされる「高精度X線ミラー」の開発・販売を行っています。

ナノの単位で作ることができるこのミラーは大阪大学との共同研究によって開発にされ、研究以外にも産業向けに提供されています。

また「ライフサイエンス・機器開発事業」はiPS細胞を始めとする多くのバイオ医薬品の開発に不可欠な培養を自動で行う培養装置の開発・販売を行っています。

同社は1993年に大阪コンピュータ工業と現社長の津村尚史氏との共同出資で創業し、産学共同で研究開発を行ってきました。様々な新技術を世に生み出しながら成長してきました。

売上や成長性は?

20136月期

20146月期

20156月期

20166月期

20176月期

売上高
(千円)

334,837

369,245

366,774

596,906

801,811

経常利益
(千円)

54,193

83,630

56,033

124,514

199,706

当期純利益
(千円)

22,767

51,750

38,710

83,731

129,925

純資産額
(千円)

138,497

205,028

252,535

454,858

584,783

BPS(円)

115,414.66

170,856.76

52,611.64

88.84

114.22

EPS(円)

18973.09

43,125.63

8,064.71

16.84

25.38

自己資本比率(%)

38.5

34.9

30.5

43.1

52.1

ROE(%)

17.8

30.1

16.9

23.7

25

配当性向(%)

5.3

2.3

12.4

同社の業績推移ですが、多少波はあるものの比較的右肩上がりに成長できています。同業のバイオベンチャーでは赤字が多い中、5期連続で黒字を保っています。過去には配当を出していますが、上場後については投資優先による無配を継続する予定です。

公募株数

総数1,000,000株             (内、公募500,000株、売出500,000株)

OA

150,000

発行済み株数

5,620,000

想定価格

2,170円(100株単位・22万円)

仮条件

2,100円 ~2,250

初値予想

2,700円~4,500

想定PER

94

想定PBR

8

配当利回り

未定

想定時価総額

121億円

今回の上場にあたっての吸収金額は25億円ほどと中規模サイズですが、期待優先の買いが入ることが想定されます。

株主名

保有割合

ロックアップ

津村 尚史

74.42%

180日間

大阪コンピュータ工業(株)

6.89%

180日間

OUVC1号投資事業有限責任組合

5.74%

180日間 or 1.5

川﨑 望

2.11%

180日間

有馬 誠

1.91%

180日間

山内 和人

1.53%

180日間

森 勇藏

0.57%

180日間

上田 昭彦

0.50%

180日間

岡田 浩巳

0.50%

180日間

バイオ・サイト・キャピタル(株)

0.38%

180日間 or 1.5

同社株は創業社長である津村社長が約75%を有しており、VCが入っているもののエグジット案件とは言えない規模の公募売出となります。今回の売出分の500,000株は津村社長とVCOUVC1号投資事業有限責任組合、他役員2名の計4者が引き受けています。

今回の新規発行によって調達する約10億円はX線ナノミラーの開発拠点となる第二開発センターの建設および機械装置設置に充てられます。

どうやって&どこで新規上場銘柄を買えるの?

今回の「ジェイテックコーポレーション」の取り扱い証券会社を以下にまとめましたので参考にしてください。

証券会社名

割当率

株数

主幹事

SMBC日興証券

86.50%

865,000

幹事

野村證券

3.00%

30,000

SBI証券

2.00%

20,000

エース証券

2.00%

20,000

みずほ証券

2.00%

20,000

東洋証券

2.00%

20,000

岡三証券

1.00%

10,000

エイチ・エス証券

1.00%

10,000

マネックス証券

0.50%

5,000

今回は大手証券のSMBC日興証券が主幹事を務めております。

今回はマザーズ中型銘柄ですが値上がりがおおいに期待出来そうな銘柄です。

著者のまとめ

産学共同で研究開発を行い、世の中に大きなイノベーションを届けてくれそうな会社が上場して参ります。

一般の方々接触する機会が少ない企業ですが、官公庁や教育機関、また事業会社、医療関連とその関わる可能性が高いですのも同社の特徴です。

2018年2月は世界的に株式市場が大荒れをしている状態ですが、このような新たなイノベーション株が上場してくることによって明るい兆しを与えてくれそうです。

【3446】ジェイテックコーポレーションの気になる株価はこちら
【3446】ジェイテックコーポレーションのPTS株価(夜間取引値)はこちら
【3446】ジェイテックコーポレーションのADR株価(米国取引値)はこちら