【6577】ベストワンドットコム新規上場で気になる株価は!?

2018年4月25日に東証マザーズ市場へ上場する「ベストワンドットコム」について概要と期待度を見ていきたいと思います。

ベストワンドットコムの上場日は!?期待度は?

企業名 ベストワンドットコム
上場市場 東証マザーズ市場
銘柄コード 6577
事業内容 クルーズ旅行に特化したオンライン旅行予約サイト「ベストワンクルーズ」の運営等
所在地 東京都新宿区
設立 2005年
従業員 20名
会社HP http://www.best1cruise-corp.info/
監査法人 あずさ
上場日 2018年4月25日(水)
主幹事 SMBC日興証券
BB期間 2018年4月10日(火)~2018年4月16日(月)
価格決定日 2018年4月17日(火)
購入申込期間 2018年4月18日(水)~2018年4月23日(月)

同社はクルーズ旅行に特化したオンライン旅行会社です。

近年LCC等が台頭するなど若者の海外旅行が一般的になってきており、オンライン航空旅行会社が増えている一方、資金に余裕ができた高齢世代にはクルーズ旅行を楽しむ方が増えてきております。その流れからクルーズ旅行に注目が集まっています。

同社はクルーズ旅行に特化することで業界に新しい風を吹かそうとしています。

どんなことをしている会社なの?

同社は2005年に現取締役である米山実香氏によって創業され、創業以来クルーズ船旅行の代理店として経営してきました。

現在は3ブランドによって運営されております。まずはメインとなる「ベストワンクルーズ」はネットから世界中で運行されているクルーズ船旅行のうち17,101コースを予約することができるオンライン予約サイトとなっています。

2つ目はハネムーンクルーズ専用サイトの「フネムーン」です。新婚旅行をクルーズで楽しもうと考えている方々向けにサービスを提供しています。3つ目は「ファイブスタークルーズ」です。メインのベストワンクルーズとは一線を画しており、高級船等のスイートに特化したクルーズ旅行販売を行っています。

同社は世界の有名クルーズ船企業の予約サイトとAPI連携しており、リアルタイムに24時365日いつでも予約できるようになっています。その他クルーズ船に特化している強みを生かし、独自旅行商品の発売も行っています。

同社の代表取締役である澤田秀太氏は、大手旅行会社のエイチ・アイ・エスの会長である澤田秀雄氏の長男であり、創業者の米山氏も澤田会長の長女です。澤田家の流れを組んだ会社であり、楽しみな会社でもあります。

売上や成長性は?

  2013年7月期 2014年7月期 2015年7月期 2016年7月期 2017年7月期
売上高(百万円) 350 443 695 937 1,197
経常利益(百万円) 10 7 60 6 52
当期純利益(百万円) 7 5 38 5 35
純資産額 (百万円) 47 52 140 145 278
BPS(円) 133,006 147713 17,341.00 298.00 520.00
EPS(円) 28,911 14707 23,344.00 10 71
自己資本比率(%) 26.8 24.5 31.4 22.1 24.5
ROE(%) 21.8 10.5 39.4 3.5 16.4
配当性向(%)

同社の業績推移ですが、右肩上がりに伸ばしています。システム開発等でのコストはかかっているものの今後の収益化に期待できそうです。配当については内部留保優先のため無配を予定しています。

公募株数 総数109,000株             (内、公募75,000株、売出34,000株)
OA分 16,300株
発行済み株数 609,000株
想定価格 4,130円(100株単位・36万円)
仮条件 未定
初値予想 4,500円~5,000円
想定PER 約73倍
想定PBR 約5倍
配当利回り なし
想定時価総額 25億円

今回の上場にあたっての吸収金額は5.2億円と小さいため、大きな初値を期待できそうです。ただし1.5倍以上になった場合ファンドのロックアップが外れてしまうため、上場後の値動きには注意したいです。

株主名 保有割合 ロックアップ
澤田 秀太 40.62% 180日間
米山 実香 15.05% 180日間
(有)秀インター 14.89% 180日間
MICイノベーション4号投資事業有限責任組合 6.91%  
SMBCベンチャーキャピタル1号投資事業有限責任組合 5.32% 90日間or1.5倍
みずほ成長支援投資事業有限責任組合 5.32% 90日間or1.5倍
諸藤 周平 5.32% 180日間
小川 隆生 2.92% 180日間
宮前 幸央 1.59%  
野本 洋平 0.80% 180日間

同社は澤田社長と創業者の米山様、そして資産管理会社で7割の株を有しており、その他VCが大株主に名を連ねています。

売出は筆頭株主の澤田社長と米山取締役、資産管理会社と諸藤氏の4者で3.4万株となっています。

公募によって調達する2.8億円は新規採用に伴う人件費や広告宣伝費、クルーズツアーの催行に伴う費用に充てられる予定です。

どうやって&どこで新規上場銘柄を買えるの?

今回の「ベストワンドットコム」の取り扱い証券会社を以下にまとめましたので参考にしてください。

    割当率 株数
主幹事 SMBC日興証券 -% -株
幹事 みずほ証券 -% -株
SBI証券 -% -株
岩井コスモ証券 -% -株
マネックス証券 -% -株
エース証券 -% -株

今回はSMBC日興証券が主幹事です。澤田社長は元々新卒でSMBC日興証券に入社しており、古巣からのIPOとなります。

株数は非常に少ないため獲得は必至でしょう。

著者のまとめ

クルーズツアーに特化している旅行代理店という他とは違う特色を有しており、上場会社である同業旅行会社とも提携になるなど先行きが楽しみな会社です。

また社長と創業者がエイチ・アイ・エスの澤田会長の子息ということからもサラブレッドぶりを大いに期待したいものです。

高騰が期待できそうな会社でしょう。

【6577】ベストワンドットコムの気になる株価はこちら
【6577】ベストワンドットコムのPTS株価(夜間取引値)はこちら
【6577】ベストワンドットコムのADR株価(米国取引値)はこちら