【3944】マネーフォワード新規上場で気になる株価は!?

自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」がついに9月29日に上場しますね!
証券コードは3944に決まりました。

そこで上場前に
・マネーフォワードがどんなサービスをしている会社なのか?
・注目はされている会社なのか?
・どこから株の情報を知ることができるのか?
を確認していきたいと思います。

マネーフォワードがどんなサービスをしている会社なのか?

株式会社マネーフォワードは2012年5月の設立。自動家計簿・資産管理サービスや、ビジネス向けクラウドサービスなど、お金に関するプラットフォームを開発・提供している会社なんです。

ここでは、主力サービスの自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」についてもう少し詳しく説明します。

「マネーフォワード」はご利用者の銀行や証券口座、クレジットカードなどから自動で毎日入出金情報を取得し、現金で支払ったものはレシートを撮影するだけで記録してくれる、なんとも便利な自動家計簿・資産管理サービスです。

一度口座情報を登録すると、それ以降は自動で複数口座の情報を取得・分類してくれるので、ご利用者のお金の管理の煩わしさを解消してくれるんです。

WEB版に加えて、AppStoreやGoogle Play上でもアプリを提供していて、3年連続Google Playベストアプリに選出されるなど好評価を得ているんですよ!

銀行口座やクレジットカード情報を登録する!と聞いて一番心配なのが、犯罪被害に合うリスクですよね?

そこは安心して大丈夫です。

振り込み用の暗証番号やクレジットカードの番号は登録しないので、不正利用される心配はありません。

 

注目はされている会社なのか?

マネーフォワードは2017年4月に利用者数が500万人を突破しました。また、楽天リサーチの「家計簿アプリの利用」に関するインターネット調査によると、「現在利用している家計簿アプリ」でシェア第1位となっています。

たくさんの人から選ばれている会社なんですね!

筆者は元々銀行員で、資産管理の仕事をしていたのですが、その際に保有資産の残高の確認でたくさんの金融機関を回り、ノートに記録するなど煩わしい作業に時間を費やしているお客様を見て、お金を持つ苦労もあるなぁ。と常々思っていました。「マネーフォワード」に出会った際に、これからの個人の資産管理の常識が変わる!!!と興奮したのを覚えています。

将来性を感じていたサービスなだけに、個人的にもマネーフォワードの上場は嬉しいニュースです。

株式などの運用商品を金融資産に持っている友人からも「日々の値動きに連動していて、マネーフォワード見るだけで全部がわかるので、資金管理が楽になった。」と使いやすさを実感している声を聞きます。

どこから株の情報を知ることができるのか?

筆者が「マネーフォワード」の上場を知ったのは、日経新聞の一面でした。

毎日必ず新聞をチェックしている方なら、日経新聞で情報をキャッチできると思うのですが、株の情報をもっと手軽に見る方法も知りたいですよね。

ここでは、マネーボックスを利用して、新規上場銘柄の情報を知る方法と日々の株価をチェックする方法をご紹介します。

マネーボックスの新規上場銘柄はここからチェックすることができます。

 

マネーフォワードが上場する9月29日以降はここ(3944 マネーフォワード株価)から日々の株価を確認することができます。

無料の会員登録をすれば、銘柄をマイページに登録できるので検索する手間もはぶけますからおススメです!

これから株投資をスタートする方や、投資をする方の情報収集にも役立ちますね!

以上、注目のマネーフォーワード上場についてでした。